fbpx

早く転職したいという感情に陥った際の3つの対処法

こんにちは!Asset Blog編集部です。今回は「転職」をテーマにお役立ち情報をお送りします。

編集部

▼ポチッと応援▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

長年会社勤めをしていると、「もうこの会社で働きたくない」「早く転職したい」と感じることがあったりしますよね。

そんな感情に陥ってしまう原因は、人間関係のトラブルや、仕事のプレッシャーが大きすぎる、やりがいを感じられない、会社の経営が悪化していて将来が不安になるなど実に様々です。

しかし、そんな感情に素直に従い勢いで転職してしまうと、失敗や後悔をしてしまう可能性が高まります。

転職に対する社会的なイメージは年々良くなっていますが、数多く転職するのはやはりネガティブな印象となってしまいます。

この記事では、そんな「早く転職したいという感情に陥った際の3つの対処法」について解説していきたいと思います。

早く転職したいと思い勢いで転職してしまうリスク

会社員として働いていて、「いつか転職したいなー」と感じている人もとても多いかと思いますが、「早く転職したい(今すぐに)」と感じている人も意外と多かったりします。

精神的にかなり追い込まれてしまったり、肉体的に限界近い状態まで来ている場合は、そういった思考に陥ってしまうこともあるでしょうし、致し方ないかもしれません。

しかし、もしもそこまで追い込まれていない状況でないにもかかわらず早く転職したいと感じているのであれば、そのネガティブな勢いを一度止めなければならないと言えます。

なぜならば、そういった思考のまま勢いで転職してしまうと、失敗や後悔のリスクが高まってしまうからです。

一度でも軽い気持ちで転職してしまうと、逃げ癖が付いてしまう

計画的でもなく、どうしても転職しなければいけない理由があるわけでもない状態で転職したいという思いに従ってしまうと、次に同じような状況になった時も逃げの選択をする可能性が高まってしまいます。

急いで転職してしまっては条件の良い会社には入社できない

とてつもなく運の良い人であれば、早く転職したいというタイミングでステップアップの転職ができるかもしれませんが、残念ながらその逆のパターンの方が圧倒的に高くなってしまいます。

勢いで転職してしまったがゆえに、収入が下がったり、働きにくくなってしまうことも多くなるのです。

その後の人生に人脈が活かせない

勢いで転職してしまう場合、働いている会社を円満に退社できない可能性があります。

「退職願いは最低でも1ヶ月前までに上司に提出する」というのが社会のルールとなっていますが、実際にはそれ以上前に相談し、会社の業務に支障が出ないように引継ぎなどを行っていかなければなりません。

人脈というものは人生においてとても重要なものですが、良い印象を残せずに転職してしまっては、その会社での人脈を自ら捨ててしまうこととなるのです。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がある通り、円満に退職することが社会人として必要なマナーだと言えるでしょう。

早く転職したいという感情に陥った際の3つの対処法

もしも早く転職したいと感じたならば、以下の3つの対処法を順番に行っていくことが有効です。

①勢いでだけでは高確率で良い転職ができないということを理解する

転職は、環境を良い方向に変えるチャンスでもありますが、世の中に存在する「優良企業」が求人を出す確率はそれほど多くはありません。

自分が働いている業種の市場調査をせずに、そのタイミングで募集されている求人の中から選ぶのは、かなりリスキーだと言えます。

「勢いで転職したが余計に環境が悪化し結局再び転職するしかない」となってしまっては、一気に自分の経歴が汚れてしまうでしょう。

良い転職がしたいならば絶対的に「時間を掛けて転職活動をする」ということを理解するべきなのです。

②キャリアプランを明確にする

自身のキャリアプランがしっかりと頭の中で描けていれば、そもそも「早く転職したい」と思ったとしても行動には移しませんよね。

5年後、10年後の自分がどんなキャリアを歩んでいるかを明確にして、そこから逆算をすることで、必然的に「今するべきこと」が見えてくるはずです。

③転職エージェントに登録をする

転職を成功させたいのであれば、市場における自分の価値を知ること、そして自分が転職したい業種の求人の数や質を理解することが重要です。

その為に有効となるのが「転職エージェントに登録する」という選択肢です。

自分のこれまでのキャリアや持っている資格やスキル、経験を基に、担当アドバイザーが最適な求人を紹介してくれます。

この求人の内容によって、自分の市場価値が高いのかどうかや業種内の求人状況を知ることができるのです。

そういった情報は必ず未来に活きるので、転職しないにしてもプラスになりますし、想っている以上に良い求人を紹介されたならば応募するのも「あり」と言えるかもしれません。

自分にぴったりの職場を探すなら!
マンツーマン転職サービスがおすすめ

たった60分の面談で適職が分かる!
カウンセリング実績110,000人!内定率80.4%!

まとめ

今回は、「早く転職したいという感情に陥った際の3つの対処法」について解説してきました。

早く転職したいからといって勢いで転職するのは、自身のキャリアを汚してしまうリスクがあります。

①勢いだけでは高確率で良い転職ができないということを理解する

②キャリアプランを明確にする

③転職エージェントに登録をする

この3つの対処法を順番に行うことで、勢いで転職するリスクを減らしステップアップができる未来を歩むことができるはずです。