fbpx

円満退職をするための注意点

円満に退職をするためにすべきことがいくつかあります。

退職予定日の1か月前には、直属の上司に口頭で伝え退職願を出します。

退職願が受理されたら後任者に仕事の引き継ぎを行います。

得意先にあいさつするときには自分のことだけではなく後任者の紹介をします。

あいさつ状も早めに準備するようにしましょう。

退職日の最後まで、会社に誠実な対応をするのが円満退職のコツです。

会社によっては退職願を書くための書類が用意されています。

退職後のトラブルを回避するため会社のやり方に沿って退職願を書きます。

たてがきの白い便せんで退職願を書く会社もあります。

黒色のボールペンや万年筆で丁寧に書いてください。

礼儀として、適切な退職願を書くことも大事です。

宛名は代表者や社長名にした上で殿をつけましょう。

自分の名前はやや下よりに記入します。

もしも退職の理由がネガティブなものだとしても、退職届けの退職理由欄は一身上の理由といった穏やかな内容に留めます。

保険証や名刺などの貸与物は全てきちんと返します。

会社の経費で購入した文房具などは会社に返却します。

また、その時点で使っていた制服や仕事着はクリーニングに出しできるだけきれいな状態にしてから返却するようにしましょう。

会社を退職を時には忘れずに会社を辞めたことの証明になる離職票をもらってください。

離職票をハローワークに持っていかなければ失業手当はもらえません。

失業保険もことも詳しくチェックしておきましょう。

【保存版】失業保険はいつから、どのくらいもらえる?金額・期間・手続き方法を詳しく解説

失業手当を受給するつもりがないという人は離職票はいらないことるあるようです。

また、次の年末調整や確定申告のために源泉徴収票をもらっておく必要があります。

以上の点に注意して、会社に迷惑をかけないように円満退職したいものです。