fbpx

30代の転職の注意点

コロナで収入上がるかor下がるか

新卒や第二新卒の職探しと違って30代になってからの転職活動には注意点がいくつかあります。

30代の社員を必要としている会社は既に社会人として必要な経験や常識を持っていることを前提としています。

そのため採用面接では30代相応の受け答えができ30代相応の経験や技術を示せるようにすることが大事です。

数多くの採用希望者を見てきた担当者に対しあさはかな答え方をしていてはすぐに看破されます。

30代で転職活動を受ける時には、身だしなみもきちんとしていて当たり前と見なされます。

普段から来ているサイズ違いのスーツや裾がよれよれのズボンのままで面接に行くことがないように服装の確認は事前にしっかりしておくことが大事です。

社会人としてマナーミスがあれば30代という年齢にはそぐわないと思われます。

マナーについても再確認しましょう。

中途採用者の採用面接では、相手が30代の場合は時世に関する話も出てくることがあるようです。

30代であれば世の中の動きはある程度知っていて当たり前といえます。

自分の周囲以外で起きていることにも関心を持って、ニュースや新聞を見る習慣をつけましょう。

30代の転職活動は転職理由一つでどうにかなるものではありません。

30代で転職をするからには、社会人相応のマナーや一般常識を持っており、かつ、年齢に見合ったスキルや実績を持っていることが大事です。

転職を考えるなら失業保険もチェックしておきましょう。

【保存版】失業保険はいつから、どのくらいもらえる?金額・期間・手続き方法を詳しく解説