fbpx

返済が苦しい借金を簡単に減らす3つの方法

20代で借金600万を作り自己破産を経験した当ブログ運営者のアセットマン(@goodasset_blog)です。

現在は上場企業で役員を務めつつ仕事の合間で自らの体験談をもとにしたブログをコツコツと更新しています。

アセットマン

今回は毎月の返済が苦しく借金問題を解決したい方向けに借金を簡単に減らす3つの方法を調べましたので詳しく解説してきたいと思います。

アセット君

借金を減らす方法があるんですね!

そうですね、借金はコツコツ返済していき完済できれば良いですが、借入額が多いと返済に困り元金の返済がいつまでたってもできず苦労することになりますから。

アセットマン

私も借金問題に苦しんでいた時に利用しましたが、借金がいくら減額できるか1分で調べることができる借金の減額診断サービスがあるので、どんなサービスなのか調査した記事がありますのでご覧ください。

おすすめ記事

関連記事:怪しい?借金減額診断(シュミレーター)について調査してみた!

完全無料で使えて法律の専門家から借金減額のアドバイスをもらえます!

アセットマン

借金を減らす方法①【債務整理】

もっとも借金を減らす方法で利用されているのが「債務整理」です。

債務整理で借金を減額したり、借金をなしにしたりすることができます。

裁判所が介入する手続きから弁護士や司法書士への依頼だけで済む手続きまで債務整理にもいくつか種類があります。

債務整理の種類
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

借金理由や金額、現在の生活状況によって最適な手続き方法が変わってくるためそれぞれの手続きについてポイントを解説していきます。

アセットマン

アセット君

先に借金がいくら減るのか知りたい方はこちらから無料で借金の減額シュミレーションができますので利用してみてください!完全無料で1分で借金減額がシュミレーションできますよ。

\完全無料・匿名OK・スマフォOK/
★★今すぐ診断したい人はこちら★★
【簡単60秒】今すぐ無料診断

関連記事:借金減額診断(シュミレーター)について調査してみた!

◎債務整理の比較表

種類 メリット デメリット おすすめな人
自己破産 ・借金が0になる。 ・クレジットやローンが組めなくなる。

・官報に掲載される

・一部の職業に制限が掛かる。

・借金総額が多い人

・借金を0にしたい人

・多重債務になっている人

個人再生 ・利息カットや返済期間の変更により、借金が減額される。

例)

500万の借金→300万程

月の返済10万→5万へ

・クレジットやローンが組めなくなる。

・官報に掲載される

 

・減額になれば完済見込みがある人

・多重債務になっている人

任意整理 ・将来利息カットや返済期間の交渉により借金が減額になる。

・裁判所を介さないため官報に掲載されない。

・手続き期間が早い。

・借金減額が他手続きより少ない。

・クレジットやローンが組めなくなる。

 

・保証人に迷惑を掛けたくない人

・債務整理したことを知られたくいない人

・官報に掲載されたくない人

・減額になれば完済見込みがある人

 

◎自己破産

自己破産は裁判所が介入し申請が認められれば債務者の借金を全て免除してくれる制度です。

借金総額がいくらでも(数百万でも1億でも)裁判官が認めれば借金はなくなります。

もちろん多少のデメリットもありますので、デメリットを理解したうえで自己破産が最善の選択となればすぐに手続きを進めた方が借金問題から解放されます。

アセットマン

当ブログ運営している私は自己破産を経験しています、600万の借金を自己破産で0にすることができ人生再建させています。借金で悩む方の参考になればとこのブログを運営しています。私も借金問題を解決するために利用した「借金減額診断」というサービスを調査した記事があるので合わせて見てください!

アセットマン

⇒私が借金600万をチャラにできた方法はこれ

◎個人再生

個人再生も裁判所を介入させる債務整理です、自己破産とは違い借金が0になることはありませんが将来利息のカットや返済期間の延長などを裁判官が認めれば借金減額できて返済も楽になります。

個人再生にも自己破産同様にデメリットはありますのでデメリットを理解したうえで個人再生が最善の選択となれば手続きを進めて借金問題を解決させましょう。

アセットマン

自己破産を経験した私も実は自己破産の前に個人再生で債務整理をしています。

最初は個人再生で借金を減額し返済も楽になりましたが、最終的に返済に行き詰まり自己破産することになりました。

アセットマン

◎任意整理

任意整理は裁判所を介入させない債務整理の手続き方法です。依頼する法律の専門家(弁護士や司法書士)が債権者に対して将来利息カットや返済期間延長の交渉を行います。

債務者と折り合いがつけば借金が減額されたり返済期間が伸びて毎月の返済が楽になり元本完済に近づくことになります。

任意整理の最大のデメリットは裁判所を介入させない手続きとなるため債務者が応じない場合には借金の整理ができない点です。

アセットマン

自己破産や個人再生と違い破産情報が官報に掲載されないため周りに債務整理をした事実がバレずらいというメリットがあり借金状況にもよりますが比較的任意整理を選ばれる方が多いようです。

⇒私が借金600万をチャラにできた方法はこれ

借金を減らす方法②【過払い金返還請求】

次に借金を減らす方法の2つ目ですが「過払い金の返還請求」です。

こちらはよくTVCMで見かけている人も多いと思いますが、過去に払い過ぎた借金の利息を正当な利息に引き直して払い過ぎていた利息分を元本返済に回すことで借金が減額されるようになります。

アセットマン

アセット君

人によっては過払い金返還請求を行い借金が預金に変わったという人までいるようですね!

長年コツコツと返済を続けていたような方は過払い金がないか調べてみた方が良いですね。

アセットマン

ただし、返済期間が短い方や利息が法律で定める上限以内での借り入れの場合には返還できる部分がないため使えませんので、他の借金を減らす方法を検討してみましょう。

⇒私が借金600万をチャラにできた方法はこれ

借金を減らす方法③【おまとめローン】

借金を減らす3つ目の方法ですが、複数の貸金業者から借り入れしている借金を1つの貸金業者にまとめる方法で、いわゆる「おまとめローン」です。

こちらは、借金を大きく減らすことはできませんが毎月の返済を楽にすることができます。金利が高い貸金業者から借り入れしている場合には将来利息が軽減されるため総額での返済金額は減ることになります。

主に銀行のおまとめローンが思い当たりますが、消費者金融の貸金業者でも相談すればおまとめできる可能性はあります。

アセットマン

アセット君

銀行系でおまとめローンを積極的にやっているのは「東京スター銀行」が有名ですね。

まとめ

借金を減らす3つの方法について解説してきましたが、まずは無料で使える借金減額診断を使って借金がいくら減るのかを調べてみることが大事です。

法律の専門家から借金問題へのアドバイスを無料で受けれる点もメリットなので、借金の返済で苦しんでいる方はシュミレーションしてみましょう。

おすすめ記事

関連記事:怪しい?借金減額診断(シュミレーター)について調査してみた!

アセット君

借金を減らす方法の中で、生活状況や完済できる見込などから最善の手段を選び借金えを減らして毎月の返済地獄から抜け出しましょう。

行動しないと何も変わりません、私は行動を起こして借金問題を解決しました。

あの時行動しなければ、いまだに借金返済で苦しみ前向きに生きていくことはできなかったと思っています。

アセットマン

借金は減らしたり完全になくすこともできます。

債務整理なら国が認めている救済制度でもあるので、何も恥ずかしがることはありません。

まずは借金減額診断で借金がいくら減るのを確認してみてください!

アセットマン

\完全無料・匿名OK・スマフォOK/
★★今すぐ診断したい人はこちら★★【簡単60秒】今すぐ無料診断

関連記事:借金減額診断(シュミレーター)について調査してみた!

動画で解説「借金減額診断」