fbpx

キャッシングの利用可能額を増額するメリットとデメリット

こんにちは!Asset Blog編集部です。今回は「キャッシング」をテーマにお役立ち情報をお送りします。

編集部

▼ポチッと応援▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

クレジットカードのキャッシング枠や、消費者金融のキャッシングを利用している人は多いかと思いますが、以下のような悩みを持ったことはありませんか?

「利用可能額をもう少し増やせないかな」

「利用可能額の増額案内が来たけど増額しても大丈夫かな?」

「増額できるとしたらどれくらいの金額になるんだろう」

こういった悩みを抱えている人もまた多いはずです。

この記事では、そんな「キャッシングの利用可能額を増額するメリットとデメリット」について解説していきたいと思います。

キャッシングとは?

銀行やクレジット会社、消費者金融などが、様々なサービスを行っているので、キャッシングの意味をよく分かっていないという人もいるかもしれません。

まずはキャッシングとはどういったサービスなのかを挙げてみましょう。

キャッシングとは、クレジットカードやのキャッシング枠を使用して現金を借りられるサービスです。

定められた上限金額内であればいつでも現金を借りることができ、またいつでも偏在することが可能となっています。

ただし、銀行や消費者金融などのカードローンでの借入も一般的にはキャッシングと認識されています。

金利に関して言えば、クレジットカードのキャッシングサービスの方が高く、カードローンの方が低い傾向にあります。

また、キャッシングの上限金額は、クレジットカードのキャッシングは低めで、カードローンの方が高めに設定されることが多くなります。

キャッシングの利用可能額の増額には審査がある

例えばクレジットカードのキャッシング利用限度額が30万円に設定されていれば、その金額内でしか現金を借入することができませんが、利用可能額を増額することができれば、その上限金額が上がりさらに借入することが可能となります。

方法としては、自らクレジット会社に連絡をして申請、審査する方法と、クレジット会社から増枠の案内が来たタイミングで審査を受けるという方法のいずれかになります。

どちらも増枠の審査を受けることになりますが、以下のような状況であれば、上限金額の増額は通りやすいと言えます。

 

  • 返済を遅延したことがない

     

  • 収入証明書を提出することができる(給与明細書や源泉徴収票)

     

  • 年収に対する借入額が少ない(年収に対して3分の1以下)

 

キャッシングの利用可能額増額のメリット

実際にキャッシングの利用可能額を増額すると、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

いくつか挙げてみましょう。

借りられる金額増える

借入限度額が増額されたわけですから、当然借りられる金額が増えるという点ではメリットだと言えるでしょう。

すでに限度額間際の人からすると、非常に助かりますよね。

金利が下がるケースがある

利用可能額を増額すると、併せて適用金利が下がるケースが多かったりします。

金利が下がり、追加で借り入れをしなければ、これまでの支払利息を減らして元金の減りを早めることができるでしょう。

他の借入をまとめることが可能となる

複数のクレジットカードでキャッシングを利用している場合、増額された分の借入金で他のキャッシングの借入を返済して、1本化することが可能となります。

もちろん増額された金額よりも他のキャッシングの借入金額の方が大きければ一本化することができませんが、10万円~20万円程度の少額であれば十分に増額分で完済することができることでしょう。

キャッシングの利用可能額増額のデメリット

キャッシングの利用可能額を増額をすることは、めりtyとだけでなくいくつかのデメリットを負ってしまうことも確かです。

いくつか挙げてみましょう。

月々の返済額が増える可能性がある

キャッシングは、借りている金額によって月々の最低返済額が決められています。

クレジットカードや消費者金融などによってその額は違いますが、例えば30万円以内の借入残高であった場合には月に8,000円が最低返済額であったのに対して、増額し新たに10万円借入すると最低返済額が11,000円になるといったこともあり得るのです。

借り過ぎてしまうリスク

キャッシングの増額で最も怖いのが、この「借り過ぎてしまうリスク」です。

あくまでも借金できる額が増額されただけなのですが、感覚的に「使える金額が増えた(得した)」という感覚に陥ってしまいがちです。

生活に困った際や欲しいものがあった時に、「そういえばこの前借入限度額を増額したからそのお金を使おう」と安易に使ってしまう可能性が高くなってしまうのです。

まとめ

今回は、「キャッシングの利用可能額を増額するメリットとデメリット」について解説してきました。

キャッシングの利用可能額を増額することで、「借りられる金額増える」「金利が下がるケースがある」「他の借入をまとめることが可能となる」といったメリットを得ることができます。

しかし、「月々の返済額が増える可能性がある」「借り過ぎてしまうリスク」といったデメリットがあるのも事実です。

ぜひ限度額を増額したとしても、無理のない程度に借り入れを抑えるようにしていきましょう。