fbpx

低金利で用途自由なカードローンだからこそ気を付けなければない理由

こんにちは!Asset Blog編集部です。今回は「カードローン」をテーマにお役立ち情報をお送りします。

編集部

▼ポチッと応援▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

世の中には、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りている人が非常に多かったりします。

普段使用しているクレジットカードをATMに入れ、金額を打ち込めば利用可能額範囲内であれば自由に引き出せるので、借金という感覚がないままどんどん負債を抱えてしまうことになりかねません。

もしも訳あってお金が必要になった際は、低金利で用途自由な「カードローン」を利用する方が圧倒的におすすめです。

しかし、そんなメリットの大きいカードローンだからこそ気を付けなければならないとも言えます。

この記事では、そんな「低金利で用途自由なカードローンだからこそ気を付けなければない理由」について解説していきたいと思います。

クレジットカードのキャッシングは少額以外は絶対にNG!

冒頭でも挙げた通り、キャッシング機能は普段使用しているクレジットカードに付いている機能(すべてのクレジットカードに付いているわけではない)なので、つい誘惑に負けて借入してしまいがちです。

金利も年率18%程度とかなり高くなっているので、かなり返済するのが大変になってしまいます。

例えば、入院であったり旅行であったりで急に数万円程度の費用が足りなくなった時など、一時的に借入を行うという目的であれば問題はありません。

しかし、数十万円単位の大きな金額の場合には、明らかにトータルの返済額が大きくなってしまうのでNGであると言えるでしょう。

カードローンはキャッシングよりもメリットが大きい

クレジットカードのキャッシング機能と比べ、銀行や消費者金融が提供している「カードローン」は、非常におすすめです。

使用用途自由であるというメリットもありますし、何より「金利が低い(銀行系カードローンは3~15%、消費者金融系は5~18%)」という点は大きなメリットであると言えます。

基本的に「無担保、無保証人」であっても借入ができるので、経済的に厳しい人にとっては非常にありがたい存在です。

また、借入可能額もクレジットカードのキャッシングが数十万円程度であるのに対し、カードローンの場合には数百万円であるケースも多く、大きな額の支払いにも対応できます。

より金利の低い銀行系のカードローンは、審査もやや厳しめではありますが、もしも発行することができれば人生において非常に頼りになる存在となるはずです。

参考 happy-life-money2022 【最新】カードローンおすすめガイド

カードローンであっても気を付けるべき理由

カードローンがクレジットカードのキャッシングよりもかなりおすすめであるということがお分かりいただけたかと思いますが、決して気を抜いてはいけません。

人間の心はそれほど強くできていないので、カードローンを利用できるようになることによって人生に躓いてしまう人もいるのです。

その理由は、まさしくカードローンのメリットにあります。

 

  • 金利がクレジットカードのキャッシングよりも断然安い
  • 借りられる金額が大きい
  • 使用用途自由
  • いつでも借り入れできる

 

このようなメリットは、「つい借りてしまう」という弱い心を刺激してしまうのです。

以下の項目は、「社会人になってからお金を借入した理由」の上位にランキングしたものです。

  • 1位「生活費の工面」
  • 2位「住宅や車の購入、リフォーム」
  • 3位「ショッピング」
  • 4位「交際費、趣味」
  • 5位「引越しや新生活準備」
  • 6位「ギャンブル」
  • 7位「旅費、交通費」
  • 8位「冠婚葬祭」

上位8つの理由の中で、住宅や車の購入、引越し、新生活準備、冠婚葬祭などであればカードローンの借り入れのまっとうな理由として考えることができます。

生活費の工面なども、基本的にはNGですが、致し方ない状況であればまっとうな理由として考えられるかもしれません。

しかし、上位の「ショッピング」「交際費、趣味」「ギャンブル」などは、本来借入をしてまで行うべきではないものです。

そう、「いつでも低金利でたくさんお金を借りられる」というカードローンのメリットが、そのままデメリットとなってしまう可能性もかなり高いということです。

近年は「ストレス社会」と呼ばれるほど多くの人がストレスを日々溜め込んでしまっています。

たまには贅沢をしたり心ゆくまで遊びたいと考えることもあるでしょう。

カードローンは、そういった弱まった心に悪い意味で協力してしまうものとも言えるのです。

低金利であるからといって油断してはいけないということです。

カードローンを使って借り入れを行う前に、どの程度の返済金額でいつまで返済が続くのかといった部分もしっかりと把握し、返済可能だと判断した時にだけ利用するようにしなければいけません。

まとめ

今回は、「低金利で用途自由なカードローンだからこそ気を付けなければない理由」について解説してきました。

クレジットカードのキャッシング機能は、金利も高く大きな金額の借り入れには向かないというのは多くの人が知っている事実ですが、「カードローンなら低金利だから大丈夫」と油断してしまう人もまた多かったりします。

低金利であっても借金であることには変わりないので、どうしても利用しなければならない状況以外では利用しないように心掛けましょう。

参考 happy-life-money2022 【最新】カードローンおすすめガイド