fbpx

銀行とローンについて

銀行とローンについてです。

金融機関として最も身近なものと言えばやはり銀行です。

預金業務と貸付業務が銀行の主な業務です。お金を預かる仕事とお金の融資をする仕事です。小切手や手形など為替の取り扱いや金銭の両替なども銀行で利用することが可能です。

特に預金業務の方は普通預金や定期預金に代表されるような利息がつく預金と当座預金のように利息がつかない預金があります。

いくらの金額をいつまで預けたいかによって預金の種類を選ぶことが可能です。

一方で貸付業務の方はカードローンなどによる小規模の貸付から住宅ローンや自動車ローンといった用途に応じた貸付があります。

銀行が扱っているローンは幅広く事業者に貸付を行う金額の大きなローンも存在します。

銀行の他にも消費者金融系や信販系など様々なノンバンク系金融会社でローン融資があるので条件を調べてみるといいでしょう。

何にあてるお金が必要で金額はどのくらいで返済をどうするかでローンは決まります。

一般的に銀行でのローンは金融機関として母体がしっかりしている分何かと安心という印象が強いようです。

ローンを組む際にはまずは銀行を最優先に当たるという人も多いようです。

一口に銀行のローンといっても貸付条件や金利、保証人などの条件は様々です。

あらかじめきちんと下調べをすることが重要になってくるでしょう。