fbpx

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて

金融会社の扱うサービスにはキャッシングローンとがあります。

両方とも融資を受けられますがそれぞれ違っている部分があります。

クレジットカードにはキャッシング機能がついているため使った経験がある人もいるようです。クレジットカードを作る際に、ショッピング枠とキャッシング枠をあらかじめ決めることができます。

クレジットカードをキャッシング用に使う時にはキャッシングの金額上限までお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシング機能を使った場合、返済は月々のカード精算に返済額を足します。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すればATMからの借り入れが可能で、専用口座もいらないので重宝します。

カードローンの場合は借り入れ金額はまちまちで、金利幅もそれぞれ違っています。

現金融資を希望する時にカードローンの申込みを行い審査の結果によってカードローン用のカードを発行してもらえます。

カードローンとキャッシングと似ている点も多いですがカードローンの方が比較的金利は高めです。

この頃は専用ホームページからカードローンの申込みも対応しており申込みから1時間程度で融資が受けられます。カードローンの申込みをする時は同時にいくつもの金融会社に申込まずに一つずつ順番に申し込んだほうがいいようです。

一気に何社もカードローンの申込みを行うとそれだけ切羽詰まっていると思われてしまい金融会社側に警戒されてしまいます。