fbpx

Yahoo!とLINEが経営統合するとどうなるのか?

こんにちは、様々なニュースで取り上げられている「Yahoo!とLINEの経営統合」について、経営統合したらどうなのるか?気になる部分について、IT企業を経営している45歳の視点で語っていきたいと思います。

[st-midasibox title=”概要” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

インターネット検索などのポータルサイト「ヤフー」を展開するZ(ゼット)ホールディングス(HD)とメッセージアプリのLINE(ライン)は18日、経営統合することで基本合意した。利用者数はLINEが約8千万人ZHDのサービスは約5千万人で、合わせて1億人規模の国内トップのIT企業が誕生する。

[/st-midasibox]

ヤフーでネットを使い始めた世代

ヤフーと言えばPC全盛期の時代を生きてきた40代として、「検索してサイトを見つける」「カテゴリーからサイトを探す」という文化を作り上げたサービスとして生活や仕事に根付いていました。

しかし、モバイル時代に完全に乗り遅れてしまったYahoo!は今やスマフォでの検索はほぼ100%近くがGoogleとなり、メッセンジャーツールもLINEがシェアを取ったことでアプリ系のサービスでは「Yahoo!ニュース」ぐらいしか使わなくなった印象を持っていました。

LINEについて、最初はあまり使わない主義でしたが今となってはなくてはならないサービスになっており、モバイルのメールをほぼ使わなくなったことで生活の一部にすらなっているサービスですね。

私はフリマアプリ等はほとんど使ったことがないので、メルカリとの競争についてはあまり興味がなかったんですが、一番気になったのはQRコード決裁サービスの「Pay Pay」がLINEと経営統合したらどうなるのかです。

ここ1年ぐらいはほとんど現金を使わない生活になっており、クイックペイやID・Pay Pay・交通系ICなどキャッシュレスで生活しており特に最近はPay Payを使う頻度が一気に増えたと思っていました。

キャッシュレス時代

なぜ、Pay Payを使う頻度が増えたかと言うとクレジットカードは使えないのに町の小さなお店やタクシーもPay Payなら使える所が増えたためPay Pay利用が増えたと思います、しかも私はソフトバンクユーザーなので特典や恩恵も多くあるのも理由の一つです。

生活を豊かにしてくれるサービスが増える分については大賛成ですので、QRコード決裁サービスは「Pay Pay」が一番のシェアに案ってくれれば更に利用できるお店が増えるためキャッシュレス決裁賛成派の私としては、ヤフーとLINEの経営統合でLINEユーザーがヤフー関連のサービスを利用できる機会が増えて一気に便利になるかと想像しています。